ハンドボールの歴史はとても古く、古代エジプト、ギリシャ、ローマ、そして中国と、世界中のあらゆる地域でハンドボールに似た競技が行われていたという記録が残っています。現在のハンドボールが生まれたのは今からおよそ100年前で、デンマークのホルガー・ニールセンの発案とされています。そして、1936年のベルリン・オリンピックで公式競技として実施され2年後の1938年には7人制による初の世界選手権大会がドイツで行われています。さらに、1972年のミュンヘン・オリンピックからは7人制のルールが正式競技となり、4年後のモントリオール・オリンピックでは女子種目も追加され、男女両種目ともオリンピックでは毎回実施されています。

まずは、ハンドボールの歴史を学ぼう